オーガニックフード

知っておきたい、避けたほうがいい危険な食品添加物が多い食品とは?

最近では、オーガニックや無添加という表示もよく見かけるようになりました。食品によっては無着色保存料無添加などと書かれた食品もあります。

これらは主に食品が作られる過程で、国が指定した食品添加物について一部を使用していないですよという意味で表示しているものです。

食の安全を脅かす事件などの影響で、消費者も食の安全性に対する意識が高まってきたために企業側がそういった表示をすることも増えてきました。

そもそも食品添加物とは何なのでしょうか?

使わなくても食品は作れるのでしょうか?

食品添加物についてまとめてみました。

食品添加物とは?

食品添加物の定義

食品衛生法第4条 第2項では、
「添加物とは、食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、
食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用するものをいう。」とされています。

厚生労働省のホームページでは、下記のように書かれています。

食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。
厚生労働省は、食品添加物の安全性について食品安全委員会による評価を受け、人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や、使用の基準を定めたうえで、使用を認めています。
また、使用が認められた食品添加物についても、国民一人当たりの摂取量を調査するなど、安全の確保に努めています。

食品添加物を使う目的は?

当然、食品添加物をつかうにはメリットとリスクがあります。

ここでは添加物を使うことで得られるメリットについて書きます。

  • 保存期間が長くなる
  • 生産コストが下げられる
  • 食中毒のリスクが下がる
  • 外観、見た目が良くなる
  • 生産が簡単になる、手間が省ける

などがあります。

添加物と聞くと、薬品のようなイメージがあるかと思いますが、

豆腐を作る時に必要なにがりは凝固剤ですし、ラーメンの麺に使われる
かんすいも添加物です。

 

腐敗や保存期間を長くするため・・・加工食品の保存料、輸入柑橘類などの防カビ剤
見た目や風味づけのため・・・・ハムやベーコンの発色剤、お菓子やジュースの着色料
栄養価を高めるため・・・・・・清涼飲料水のアミノ酸やビタミン、カルシウムなど

かなり意識して見ないと気づかないものが多いかと思います。

食品添加物の使用基準とその安全性は?

あまりいい印象がない添加物ですが、
どういったルールで使用の基準が決められているのでしょうか?

ルールを決めているのは厚生労働省です。

 

添加物1つ1つの毒性をテストし、一定の基準を満たしたものが認可されています。

そのため、普通に日常生活を送っている限り、想定される量であれば添加物を摂取しても
問題がないというのが厚生労働省の考えです。

しかし、有識者の中ではテストの仕方に疑問を抱いている人もいます。

食品添加物の使用基準テストに対する疑問点

食品添加物の単品使用のみの想定で大丈夫か?

食品添加物のテストは単品使用のテストであり、他の食品添加物と一緒に摂取することは
想定されていないということです。

食品の原材料表示などを見ると、1つの食品に多くの食品添加物が使用されているのが
わかるかと思います。

食べる時や、調理の時に他の食品に含まれる食品添加物とどのような反応を起こすのかまでは
検討、テストされていません。

年齢や体格による考慮がないのは大丈夫か?

子供が食べてはいけない食品などがあるでしょうか?

基本的に、一般的に販売されている食品は年齢制限などはありません。

食品添加物の量の摂取について子供と大人で同じで良いのでしょうか?

身体の成長段階で、細胞分裂が活発な子供と大人が全く同じ条件なのか?
という疑問もあります。

食品添加物の使用基準を決めるテストは動物実験で大丈夫か?

食品添加物の使用基準を決めるテストには、動物(主にラット)が使われます。

どのような毒性があるのか?

発がんや催奇形性、腫瘍などは目で見て判断することができますが、精神面や能力ではどうでしょう?

キレやすい若者や、犯罪と食事の相関も問題視されています。最近では、統合失調症やうつ病と食の関係も指摘されることも増えてきました。動物実験では、そういった問題まではわからないのではないでしょうか?

また、動物(ラット)でのデータをそのまま人間に当てはめていいのでしょうか?ということなどが指摘されています。

上記のような問題が指摘されてはいますが、かといって人体実験をすることもできないでしょうし、全ての添加物の複合摂取のテストも現実的ではないのでしょう。

あくまで1つのデータとして、完全に安全だと妄信しないことが大切なのではないでしょうか。

避けたい食品添加物一覧

現在、日本で指定されている食品添加物は下記の通りです。

指定添加物 454品目
既存添加物 365品目
天然香料 612品目

合計で、約1500種類の添加物が現在使って良いとされています。

これらの中でも、特にリスクが大きいと言われている添加物がいくつかあります。

特に危険性が高いと言われている食品添加物

亜硝酸ナトリウム・・・発色剤

アスパルテーム・・・・甘味料

安息香酸ナトリウム・・防腐剤、防カビ剤

カラメル色素・・・・・着色料

加工でんぷん・・・・・増粘剤、安定剤、乳化剤

グリシン・・・・・・・日持ち向上

酵素・・・・・・・・・触媒

コチニール色素・・・・着色料

タール系色素・・・・・着色料

ナイシン・・・・・・・保存料

OPP、TBZ、イマザリルなど・・・防カビ剤

リン酸塩・・・・・・・結着剤、乳化剤、食感向上

アミノ酸(調味料)・・・・化学調味料、うま味調味料

 

参考記事

https://simple-selection.jp/healthyfood/

まとめ

食品添加物はあくまで添加物です。

流通させるため、見た目を良くするために使われているため、メリットばかりではなく
リスクも少なからずあるということを知っておくことが大切ですね。

買物をする時には、必ず原材料表示で食品添加物を確認してみる。

できるだけ原材料がシンプルなものを選ぶ。

見慣れないものが多く使われているものよりは、できるだけ少ないものにする。

加工食品より手作り

加工されればされるほど、食品添加物が増えて栄養価が下がります。できるだけ新鮮で加工されていないものを手作りで作ることが1つのステップアップです。

最近はクックパッドのようなレシピサイトも多いので、常備菜など、お手軽、簡単に作れるものから初めて見るのもおすすめです。

もちろん、原料にこだわってオーガニックや自然農法のものを調理できるのであれば最高ですね。

安さの理由を考える

ファーストフードやスーパーマーケット、外食産業などではなぜあんなに安い食品が多いのでしょうか?

同じ商品でも以上に価格が安いものには、それ相応の理由があります。必ずしも高いものが健康に良いものとは限りません。

しかし、高いものにはそれなりの理由があります。価格の裏側を考えて見て、安さ以外の選ぶ基準もひとつ持っていただければと思います。