メディカルハーブ

高血圧に効果の期待できるハーブやスパイス 6種

サイレントキラー(静かなる殺人者)という別名を持つ高血圧症に
今日世界中の人々が悩まされています。

厚生労働省の「平成26年患者調査の概況」によれば
日本における高血圧性疾患の総患者数(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は
1,010万8,000人と前回の調査と比較し約104万人増加したと報じられています。

対処が求められる中、患者には生活習慣の見直しや薬物療法で症状を治療することが推奨されています。

誰でもできることなら病院の薬に頼らず自然な方法で症状を改善したいものですね。

この記事では高血圧症に対してヒーリング効果の期待できるハーブをいくつかご紹介したいと思います。

 

高血圧に効果のあるハーブやスパイス6選

バジル

あらゆる食材と相性抜群の美味しいハーブ、バジルは血圧を下げるのにも有効と言われています。

齧歯類での実験では、バジルの抽出物は血圧を下げることが示されていますが短い時間に限られます。

バジルに含まれるオイゲノール (eugenol) という化合物は血管を締め付ける特定の物質を遮断することがあり、それが血圧の低下につながる可能性がありますが
それについてはより多くの研究の継続が求められています。

バジルは暑さに強く栽培に手間がかからないので、菜園初心者にとっても扱いやすいハーブです。

日当たりの良いベランダや窓辺でバジルを育ててパスタ、スープ、サラダなどに加えてみてはいかがでしょう。

シナモン

シナモンもまた普段の食生活に取り入れやすい美味しいスパイスで、血圧の数字を下げてくれる可能性があります。

齧歯類で行われたある研究ではシナモン抽出物が急性発症の高血圧、及び長期間の高血圧の数値を低下させることが示されました。

しか、しこれらは抽出物を静脈内に投与したものでありシナモンが経口でから摂取された場合に同じ効果があるかどうかは明らかではありません。

シナモンは朝食のシリアルやオートミール、デザート各種、紅茶に振りかけてもいいですし、カレーや煮物に加えるとコクが深まります。

カルダモン

カルダモンはインド原産のスパイスで南アジアの料理などによく使われます。 カルダモンの健康への影響を調査した20人の小規模な研究では高血圧の患者がカルダモンパウダー1.5グラムを1日2回、12週間服用した後で血圧測定値の有意な低下が見られました。

現在スパイスとして入手の難しいものではないので、
カルダモンの種子やパウダーをスープ、シチュー、焼き菓子、コーヒーなどに加えエキゾチックな風味を楽しんでみてはいかがでしょう。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20361714"]

フラックスシード(亜麻仁)

オメガ3脂肪酸が豊富なことで有名なフラックスシードもまた、いくつかの研究では血圧を下げることが示されています。

最近の検討では最良の利益を得るために1日当たり30〜50グラムの種子または挽いた種子を12週間以上摂取することが提案されています。

血清コレステロールを低下させる効果、耐糖能の改善効果、抗酸化作用があることにより、フラックスシードはアテローム性動脈硬化性心血管疾患の予防にも有益と言われています。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://academic.oup.com/jn/article/145/4/758/4644337"]

ニンニク

食べると体が温まるので血圧が上がってしまうのではないか?!
と想像してしまいそうなニンニクですが、意外にも降圧剤にも劣らないほど血圧を下げてくれる効果があるようです。

ニンニクが血圧を下げるにはいくつかのルートが存在していることが現在明らかになってきました。

あの特有の臭いの元となる成分”アリシン”が血液中にある脂肪の燃焼を促し、コレステロール値の上昇を抑えて血行を促進するため血圧低下につながるという考えや、
ニンニクの食後に体内で生成される硫化水素が血管に混入すると血中の酸素濃度が低くなったと勘違いした血管が拡張する可能性があり、それによって血流がより自由になり血圧が低下する事、などが考えられています。

セロリやセロリの種

セロリの種子はスープやシチューなどの料理によく使用されるハーブです。中国ではセロリは芹菜と呼ばれ、古くから薬効の強い植物として知られ高血圧治療にも利用されてきました。

高血圧の診断を受けると利尿薬を処方される場合がありますが、
セロリそのものには高い利尿作用があることからも血圧への影響が考えられます。

こちらも齧歯類を用いた研究ではセロリの種が血圧を下げる効果があることが示されていますがヒトによる研究が必要であると言われています。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3210006/"]

まとめ

高血圧症に効果の期待できるメディカルハーブは身近に存在しています。

料理に取り入れやすいハーブではバジル、ニンニク、セロリ、フラックスシードなど、
スパイスなら入手も保管も簡単なシナモン、カルダモン、セロリの種などがあります。

普段の食事や飲み物に少し加えて家族の健康促進に役立てましょう。

注意

代替え医療的目的でハーブやスパイスを試す事を検討する場合は
生の植物でもサプリメントでもまずはかかりつけの医師にご相談ください。ハーブによっては他の薬剤の効果を妨害する可能性もあります。