メディカルアロマ

ヨーロッパでは医師しか処方できないメディカルアロマとは?

日本におけるアロマとメディカルアロマ

香りを楽しむアロマテラピーは日本にも浸透していますが、「メディカルアロマ」という名前を聞いたことはあるでしょうか?アロマテラピーは知っていてもメディカルアロマのことは何か知らないという方もまだ多いでしょう。

メディカルアロマとは次のように定義されています。

メディカルアロマの定義

アロマセラピーの知識だけではなく心理学や基礎医学、メディカルハーブなど、幅広い知識を用い、精油の機能や効果を心と体の不調に活かす、現代社会にあった心と体の新しいケア方法

引用元:日本統合医学協会、メディカルアロマ検定ホームページ

簡単に言えば、アロマテラピーを心と体のケアに医学などの専門知識と組み合わせて利用することです。西洋医学などの治療の補完医療としても注目されていて、実際に病院でも活用され始めています。

そこで今回はメディカルアロマについての理解をもっと深めるべく、メディカルアロマとアロマテラピーとの違い、実際のメディカルアロマの活用法などについて紹介していきます。「メディカルアロマって何だろう?」と気になっている方はぜひ読んでみてください。

メディカルアロマの歴史

アロマテラピーというと新しい概念のように思うかもしれませんが、実はその歴史は意外に古いのです。日本ではメディカルアロマということでアロマテラピーと区別していますが、そもそもアロマテラピーとは心身の疾病予防や治療のために使われてきた自然療法の一つです。まずはその歴史から紐解いていきましょう。

海外でのメディカルアロマ

アロマテラピーには大きく分けて、医療的な役割として発達したフランス生まれの「メディカル・アロマテラピー」と美容やエステなどで利用されることが中心の英国生まれの「エステティック・アロマテラピー」があります。

フランスやベルギーにおいては古くから医療行為の一つとして用いられていて、現在でも医薬品扱いのため薬局でしか購入することができません。一方、日本においてはもともと医薬品や化粧品ではなく、雑貨扱いであり効能効果を明記することは認められていない状況です。

アロマテラピーとメディカルアロマ

アロマテラピーとは、主に植物由来の精油を用いて香りを楽しみ、心身の健康と美容に役立てていく自然療法のことです。香りを吸うことで大脳に直接刺激が伝えられるため、香りによってリラックスしたり集中力を高めたりなどの効果が得られます。

日本におけるアロマテラピーとは、美容のためや芳香浴としての楽しむことが目的であることが多いです。

一方、メディカルアロマはアロマテラピーの理論を用いることには変わりありませんが、西洋医学、心理学、看護学なども組み合わせて、疾病の予防や治療、健康維持のために用いるという違いがあります。

現在はまだそこまで浸透していないものの、日本でもアロマオイルを用いて補完医療や空間の環境改善などに役立てている医療現場が増えてきています。

メディカルアロマの精油

メディカルアロマに用いられる精油は、一般的なアロマテラピーに使う精油と何か違うのでしょうか。メディカルアロマの精油の特徴についてお話します。

メディカルアロマで使用するのはケモタイプの精油

精油の成分分析をして、特徴的な成分の含有率の違いにより分類された精油のタイプのことをケモタイプと呼んでいます。野菜も風土や環境により味が変わるように、植物もその構成成分が変わります。

メディカルアロマテラピーの発祥の地であるフランスでは、ケモタイプ精油を使い分けて医療に役立てられています。

日本でのアロマの位置付け

日本においては日本アロマセラピー学会が認定した医学的な根拠に基づいたケモタイプの精油があります。しかし、まだケモタイプを区別して使い分けている所はまだ少ないので、化学成分の違いまで考えたケモタイプ・アロマテラピーが今後は必要とされるようになってくるでしょう。

市販されている精油のパッケージを見ると「ct.」(Chemical type=ケモタイプの略)と表示されているのがケモタイプです。さらに専門的なメディカルアロマを追求したいという場合には、ケモタイプ別の効能効果を区別してアロマテラピーに応用すると良いでしょう。

日本で購入することができるケモタイプの精油のメーカーで一番有名なのが、プラナロムです。

アロマを導入している病院

アロマテラピーを実際に治療の補助として導入している病院はまだ多くはありません。

導入している病院の例としては、大阪労災病院ではアロマを取り入れた専門外来が開設されています。カウンセリングの補助として患者さんにリラックスしてもらうためにアロマを取り入れているとのことです。

藤沢市民病院内では外来患者さんを対象にアロママッサージのサービスが行われています。疾病治療におけるストレス緩和に役立てられているそうです。

高槻赤十字病院ではがん末期患者さんの緩和ケアに、アロママッサージを活用しているという報告があります。看護師が直接行うことで患者さんの状態を把握しながらマッサージを施します。アロマによっては禁忌となる疾患があったり、全身状態を確認しながら行なっていくそうです。

メディカルアロマと病気、症状 おすすめレシピ

メディカルアロマを実際の病気や症状の治療に生かすには、どんなアロマをどのような方法で活用していくかということが鍵になります。そこで、具体的に身近な不調にアロマを役立てる方法を紹介していきます。

風邪の諸症状に使えるアロマ

風邪の諸症状を和らげるのに、アロマは対症療法的に用いることができます。

例えば「咳が辛い」「喉が痛い」「鼻水が出る」などのように気になる症状に合わせてアロマを選びましょう。

風邪のひき始めにおすすめの精油 ジンジャー

風邪のひき始めにはウイルスと戦うために熱が出ます。その自然治癒力をサポートするためには、ジンジャーのような体を温める作用のあるアロマがおすすめです。

熱めのお湯にジンジャーを3滴ほど垂らして、足首の上まで足湯を行います。身体が温まって自然と汗をかくので、衣類を変えるなど冷えないように気をつけましょう。