オーガニックフード

白砂糖の代わりに使える甘味料

白砂糖は健康に良くない?

白砂糖は精製されているため、糖以外の栄養がない。

血糖値が乱降下するため、低血糖になりやすくなる。

など、

健康的に暮らすため、またはダイエットのためになるべく白い砂糖を摂らないよう
努力しておられる方も多い事でしょう。

そんな中”白砂糖の代用品”として利用可能な天然由来の甘味料がますます身近な存在になってきました。

カロリーゼロと謳われる商品に含まれる”人口甘味料”よりは体に良さそうですが、
実際のところどんな甘味料なのでしょうか。

この記事では天然由来の代用甘味料とその特徴や実用性についてご紹介したいと思います。

ハチミツ

ビタミン、ミネラル、微量元素やアミノ酸が含まれ、抗菌・抗炎症作用もある
この甘い蜜は古代より重宝されてきました。

味:味には多様性があるもののマイルドで、デザートからスパイシーな料理にまで幅広く利用可能です。
甘さ:砂糖の約80%の甘味と言われています。
エネルギー:306 kcal / 100 g

注意:ハチミツに入っているボツリヌス菌(芽胞)によりボツリヌス症にかかる可能性があることから乳幼児の食事への利用は適しません。

また完全に植物性の食品とは定義されない甘味料である為、
完全菜食者向けの食材としても適しません。

 

アガベシロップ

アガベシロップはリュウゼツラン科アガベ属内の「テキーラ・リュウゼツラン(ブルーアガベ)」、「アガベ・サルミアナ」を含む数種類のアガベの樹液から作られる甘味料です。

一見すると蜂蜜に似ていますが、比較的粘性が低く癖がないので大抵の料理に使用可能です。

しかし主としてフルクトースで構成されているアガベシロップは
非常に高い糖度を有する為、大量に摂取すると果糖による吸収不良を引き起こしたり
メタボリックシンドロームにつながる可能性の指摘もあります。

血糖値に与える影響は果糖とほぼ同じと理解し、節度を守って摂取するのが良いでしょう。

味:上質で香りに癖のない甘味です。
甘さ:アガベシロップ100gが砂糖約125g−150gの甘味に相当すると言われています。
エネルギー:300 kcal / 100 g
注意:水にも溶け易く、料理、ドリンク、ベーキングにおける砂糖の代用として利用可能ですが
フルクトース不耐性の症状のある人には適しません。

メープルシロップ

メープルシロップはサトウカエデなどの樹液を煮詰めて作られる甘味料で1リットルのシロップを作るのに約40リットルの樹液を要します。

メープルシロップにはカリウム、鉄、マグネシウムなどのミネラルが含まれており フルクトース(果糖)含量は実質的に低いのが特徴です。

味:キャラメルに似た独特の香りがします。
甘さ:130gのメープルシロップが100gの砂糖の甘味に相当すると言われています。
エネルギー:274 kcal / 100 g
注意:パンケーキや焼き菓子に用いるにはとても便利ですが、独特の風味が付くので他の香りを生かしたいお料理への使用には注意が必要です。

地球温暖化が与える原生林への影響が今懸念されています。

キシリトール

ガムの効果により有名になったキシリトールは白樺(しらかば)の樹皮から作られる
天然甘味料です。

虫歯予防効果が実証された事からチューインガムの他に歯磨き粉の材料にも含まれます。

キシリトールは精製された砂糖よりもカロリーが40%少なく利点と言えますが、
過度に摂取すると下剤効果があると言われています。

味:従来の砂糖とよく似ています。
甘さ:甘味も従来の砂糖と同等です。
エネルギー:240 kcal / 100 g

注意:キシリトールはインスリンを要せず代謝系に入り吸収が遅く血糖値の上昇を上げにくいため糖尿病患者の糖質代用として有用です。

酵母を用いるパンや焼き菓子にはキシリトールの使用は適しません。

発酵の工程で酵母菌が糖を食べて活動する必要があるためです。

ステビア

これはステビアという多年草のハーブの葉に由来する天然の甘味料で多くの国で利用されています。しかし一方では低い毒性の示された研究が存在する事から、科学の分野では有用性に議論の余地があります。

ステビアは血糖値に影響を与えず、ノン・カロリーですが1日の摂取量10mg / kg(体重)を超えないよう注意が必要です。

味:苦い後味が感じれれる事があります。
甘さ:ステビアに由来する配糖体のステビオシドはショ糖の300倍の甘味を有すと言われます。 
エネルギー:0 kcal / 100 g

    
 注意:ステビアはごく僅かな量でかなりの甘味を与えることから、
生地の体積に砂糖の量が影響するような焼き菓子のレシピに適用させるのは困難でしょう。
ステビア甘味料の安全性に関する資料は下記から閲覧可能です。

 

まとめ

精製された白砂糖の代用として利用できる天然由来の甘味料には
ハチミツ、アガベシロップ、メープルシロップ、キシリトール、ステビアなどがあります。

それぞれに甘味の強さや特徴が異なる為、利用目的やその食品を摂取する人の病状やコンディションなどから適不適を考慮して使い分ける必要がありそうです。