オーガニックライフ

重曹とクエン酸など自然派ママが知っておきたいナチュラルなお掃除方法まとめ

 

最近は、重曹やセスキを使ったナチュラルなクリーニングやお掃除が流行っていますね。

・子供が小さいから、洗剤を使いたくない

・できるだけ人や環境に優しい洗剤を使いたい

などなど、理由は様々です。

 

正しい掃除の仕方を学んだことはあるでしょうか?

掃除といえば、掃除する場所専用の洗剤をドラッグストアで購入して使う。

という方も多いかと思います。

 

汚れの種類と洗剤の種類

汚れの種類、特性に応じて使うべき洗剤の種類が変わります。

汚れは大きく分けて、酸性のものとアルカリ性のものに分けられます。

そのために、酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤、
アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使うことで汚れが落ちます。

 

汚れの種類汚れの性質使うもの
油モノの汚れ酸性重曹、過炭酸ナトリウム
生ゴミなど腐ったもの酸性重曹
お風呂の湯アカ酸性重曹
体の汚れ酸性重曹
水アカアルカリ性クエン酸
せっけんカスアルカリ性クエン酸
アンモニアアルカリ性クエン酸
タバコのヤニ酸性重曹

 

 

洗剤の代わりに使うもの

  • 重曹
  • せっけん
  • クエン酸
  • アルコール
  • 過炭酸ナトリウム

 

 

重曹

炭酸水素ナトリウム、重炭酸ソーダなどとも呼ばれる。

弱アルカリ性の洗剤なので、酸性の汚れを中和してくれます。

食品で膨らし粉などとしても使われるなど、安心して使えます。

 

重曹の特徴

  • 粒子が細かく、水に溶けにくいためクレンザー代わりに
  • 発泡作用があり、汚れを剥がしやすい
  • 酸性のゴミの匂いを消す
  • 消臭・除湿効果もあります

重曹で掃除できるもの

換気扇フィルター、五徳、電子レンジ内部、お風呂、浴室のカビ取り
洗濯、ペット

 

せっけん

誰もが知るせっけんですが、お掃除に使っている人は意外と少ないかもしれません。

界面活性作用があるので、油などに力を発揮します。

キッチンやお風呂場など、水で流せる場所で使うのがお勧めです。

コンロや洗濯などで活躍します。

 

クエン酸

酸性の洗剤として使用できます。

アルカリ性の汚れや臭いに力を発揮します。

 

クエン酸の特徴

  • 水アカなどのアルカリ性の汚れに
  • アンモニア臭やなま物、タバコの臭い消しに
  • 抗菌作用がある

クエン酸で掃除できるもの

シンク周りやお風呂場などの水アカ、石けんカス。

トイレ、タバコの臭いなどに効果的です。

 

アルコール

消毒用のアルコールなど、ドラッグストアなどで手に入ります。

無水エタノール、消毒用エタノールなどでもオッケーです。

 

アルコールの特徴

  • 中性です
  • 揮発性が高く、拭き取りが必要ない
  • 殺菌、消毒作用が高い
  • 溶かす力も強いので、油性ペンの汚れやシールの剥がし残しなどにも使える

 

アルコールで掃除できるところ

カビが生えやすいところや家電製品、コンセント周りなど

手垢がつきやすいパソコンやスマートフォンなどの画面の汚れにもお勧めです。

 

引火性があるので、火元にはくれぐれも気をつけましょう。

 

過炭酸ナトリウム

セスキを使う人も多いかと思いますが、今回はこちらの過炭酸ナトリウムについて書きます。

過炭酸ナトリウムは、セスキ炭酸ソーダよりもアルカリ度が高い炭酸ソーダに

殺菌、漂白効果のある過酸化水素を加えたものです。

酸素系漂白剤などとして売られていることもあります。

 

過炭酸ナトリウムの特徴

  • 強いアルカリで油汚れやタンパク質の汚れなどに強い
  • 過酸化水素から発生する活性酸素で、殺菌と漂白ができる
  • 食器の漂白
  • 発泡作用で排水溝などにも使える
  • 洗濯槽などの掃除にも使える
  • 除菌、消臭効果もある

過炭酸ナトリウムで掃除できるもの

排水溝、コンロ、洗濯槽、食器や洗濯物の漂白、

洗濯槽の掃除

 

アルカリが強いので、手袋をつけて使用する方がいいです。

 

お掃除キットを自作する

先ほど挙げたものを、使いやすいようにキットにしておくことがオススメです。

簡単にお掃除キットが作れます。

重曹水

材料

  • 40度のお湯・・・1カップ
  • 重曹・・・・・・小さじ1杯
  • スプレーボトル

先にお湯に重曹を溶かして、スプレーボトルに移す。

重曹を入れすぎると、掃除するときに白浮きするので入れすぎないように。

 

クエン酸水

材料

  • 水・・・・・・1カップ
  • クエン酸・・・小さじ1/2杯
  • スプレーボトル

重曹水とは違い、クエン酸はすぐに溶けるので混ぜればOKです。

酸性なので、塩素系の洗剤とは絶対に混じらないように気をつけてください。
有毒なガスを発生します。

大理石、鉄には使えません。

 

アルコールスプレー

アルコールをそのまま使うと、強すぎる場合もあるので

薄めたスプレータイプの物を持っておくことがオススメです。

材料

  • 水・・・・・・110ml
  • アルコール・・90ml
  • スプレーボトル

必ず水から入れてください。
それからアルコールを入れて混ぜればOKです。

 

 

家での場所別のお掃除

台所

シンク周り

シンクの主な汚れは水アカ、ヌメリ、油物の汚れです。
それぞれの汚れに合わせて使い分けましょう。

汚れが軽ければ、使い捨てタイプのメラミン樹脂性のスポンジも使えます。

  • 水アカ(アルカリ性)・・・・・クエン酸(酸性)
  • ヌメリ(酸性)・・・・・・・・重曹(アルカリ性)
  • 油の汚れ(酸性)・・・・・・・重曹(アルカリ性)
お掃除のステップ
  1. シンク全体に粉末の重曹をふりかける
  2. スポンジで軽くこするように汚れを落とす
  3. 一度水で全体を流す
  4. 水アカを落とすために、クエン酸水をスプレーする
  5. フキンで拭き取り、水気も残さないようにする

蛇口

蛇口などはシンクと同様に、水アカが主な汚れです。

汚れがひどくなければクエン酸水をスプレーして拭き上げれば大丈夫です。

汚れがひどければ、まず蛇口全体にクエン酸水をスプレーしておきます。

乾く前にキッチンペーパーを貼り付け、さらにクエン酸水をスプレーします。

5分〜10分おいて、最後はキッチリ拭きあげましょう。

 

排水口

ヌメリが気になる排水口。
放っておくと、黒く汚れて触りたくなくなります。
ここも定期的に掃除しておくことで、清潔に保つことができます。

  1. まずは排水口の部品を取り外す
  2. そして、水が流れ落ちないように排水口にラップと輪ゴムなどで栓をする
  3. 過炭酸ナトリウムの粉末・・・小さじ1杯を排水口へ入れる
  4. お湯を沸かしておき、排水口へゆっくり注ぐ
  5. お湯が冷めたら、ラップで蓋をした口を開き流す
  6. 終了

パイプの中

パイプの中は手が届かないですし、ブラシなども奥までは届きません。

しかし、化学反応を使っての掃除が可能です。

 

材料

  • 重曹・・・・・・1/2カップ
  • クエン酸・・・・小さじ1杯
お掃除のステップ
  1. 500ml〜600mlの水を鍋で沸騰させる
  2. その中にクエン酸を入れる
  3. 重曹を排水口に満遍なくふりかける
  4. ゆっくり回りからクエン酸を溶かしたお湯をかけ流す
  5. 泡立つので、泡が落ち着くまで数分待つ
  6. 流して終了

 

ガスコンロ

五徳は外して、本体は重曹水を全体に振りまき布巾で拭き取りましょう

油汚れは基本的にこの重曹水スプレーで掃除します。

しかし、五徳などは汚れがこびりついてしまっていることもありますよね。

そういう時は、鍋で煮て汚れを落とします。

 

材料

  • 過炭酸ナトリウム・・・・小さじ1杯
  • 石けん・・・・・・・・・小さじ1杯
お掃除のステップ
  1. 鍋に五徳を入れて、全体が浸るように水を張る
  2. 過炭酸ナトリウムと石けんを入れる
  3. 火をつけて煮立たせる
  4. 沸騰したら火を消して冷めるまでおく
  5. こびりつきが残っていたら、重曹をスポンジにつけてこすり落とす

 

グリル

使ったあとすぐに掃除しないと、こびりついて掃除が大変になるグリル。

これも効果的に汚れを落としていきましょう。

こびりついた汚れがひどい場合は、重曹で汚れを浮かしてから落としましょう。

 

材料

  • 重曹
お掃除のステップ
  1. 受け皿 全体に重曹を振りかける
  2. 受け皿 お湯を入れる
  3. 網   受け皿の上に置き、キッチンペーパーを引く
  4. 網   全体に重曹をふりかける
  5. 網   全体が湿るようにお湯をかける
  6. しばらく放置して、水で流した後にスポンジで洗う

 

冷蔵庫の中

食品があるのでアルコールスプレーで拭きます。

一度中に入ってる食品は取り出し、全体にアルコールスプレーを吹きかけて
布巾で拭きましょう。

食品や調味料がこぼれてしまってる場合などは、水を浸したキッチンペーパーでパックをして
10分ほど置いてから拭き上げましょう。

 

電子レンジの中

重曹水を含ませた布巾を中で熱します。

60秒ほどチンします。

冷めるまで待ち、冷めてきたら中の布巾で中をふきあげればOKです。

 

まな板の除菌

キッチンハイターなどで除菌消臭する方も多いかもしれませんが、
過炭酸ナトリウムで代用ができます。

お掃除のステップ
  1. 小さめのボウルに過炭酸ナトリウムを小さじ1杯入れる
  2. 沸騰したお湯をボウルに入れてかき混ぜる
  3. まな板をシンクに入れ、キッチンペーパーで表面を覆う
  4. ボウルに溶かした過炭酸ナトリウム液をキッチンペーパーにかけていく
  5. しばらくつけ置きをする
  6. 裏面もやる場合は、ひっくり返して再度同じ手順を繰り返す

 

 

リビングや洋室

クロス、壁紙

壁は重曹水を吹きかけた雑巾や布巾で拭きあげましょう。

スイッチ周りは、また別の布巾にアルコールスプレーを吹きかけて吹き上げましょう。

 

床、フローリング

特に目立った汚れがければ壁と同じように、重曹水を浸して固く絞った雑巾で拭きましょう。

フローリング用のワイパーなどを使うのであれば、
重曹水を床にスプレーしてワイパーで吹き上げてもOKです。

 

絨毯、カーペット

絨毯やカーペットにはできるだけ水分を含ませないことが大切です。

まずは掃除機でゴミを取り、その後に重曹水に浸し、絞りきった雑巾で拭きあげましょう。

シミになりそうな汚れなどは、アルコールスプレーで湿らして乾いた雑巾で拭きましょう。

 

クローゼット、押入れ、靴箱

クローゼットや押入れの中は意外と湿気が溜まっていて、カビが生えることも少なくありません。

中にあるものを一度全て出して、換気をすることでカビも防げます。

そして、その際にアルコールスプレーを吹きかけた雑巾で軽く拭き掃除をしましょう。

 

畳はアルコールスプレーで掃除をします。

畳に直接ふりかけて、固く絞った雑巾で表面を拭きあげましょう。

 

家電、電気製品

照明器具やテレビ、音響関係などはホコリや多少の手アカがつきやすいので

アルコールでの掃除がお勧めです。

乾いた雑巾にアルコールの原液を含ませて、全体を拭いていきます。

テレビなどは乾いた雑巾にアルコールスプレーを吹きかけて、全体を拭き上げればOKです。

 

ベランダ

キレイだと気持ちがいいけど、なかなか手が回らないですよね。

ベランダ用の洗剤もあまり聞いたことがないので、
ブラシで掃除するくらいしか思い使いないのではないでしょうか。

 

ベランダも重曹でお掃除ができます。

主に外からのほこりです。

お掃除のステップ
  1. ベランダ全体が濡れる程度に水を撒く
  2. 水が乾かないうちに重曹の粉末を振りかける
  3. 重曹が研磨剤になるので、デッキブラシでこすり洗いをする
  4. 再び、全体に水を流して濯いだら終了

 

お風呂

浴槽

浴室の汚れはほとんどが皮脂や石鹸のカスです。
お風呂掃除には重曹が最適です。

浴槽の汚れは重曹だけで十分落ちます。

研磨剤の効果もあるので、アクリル製のたわしなどに粉末の重曹を振りかけて
磨いていきましょう。

市販の浴槽用の洗剤は、肌への刺激も強いのでしっかりとすすぎ切らないといけませんが、
重曹は入浴剤としても使えるくらい安全なので安心です。

 

浴室床面

重曹の粉末をまんべんなく振り撒きます。

浴室掃除用のブラシでこすって汚れを落とします。

これだけでOKです。

水気を乾いた雑巾などで拭き取った後に、アルコールを吹きかけておけば

カビを防ぐこともできます。

 

鏡についた汚れは意外と取れにくいですよね。

長年の溜まった汚れだとなおさらです。

 

材料

  • クエン酸水
  • キッチンペーパー
  • スポンジ
  • 紙やすり
お掃除のステップ
  1. 汚れがひどい場合は、蛇口の時のようにクエン酸水とキッチンペーパーでパック
  2. パックを外して、スポンジでこする
  3. 落ちない汚れがある時は、紙やすりを濡らしてそれでこする

 

シャワーヘッド、お風呂の中のもの

ボディソープやシャンプーのボトル、石鹸置きなども意外と汚れが溜まりやすいものです。
そして、シャワーヘッドや浴室の椅子なども忘れがちです。

こういったものは浴槽や洗面器につけおき洗いがお勧めです。
追い焚き機能がついているお風呂であれば、風呂釜も一緒に掃除することができますよ。

 

小物全般、椅子など

  1. 浴槽に入れて、全体が浸かるように水を入れる
  2. 過炭酸ナトリウムを1/2カップ入れる
  3. 追い焚き機能を使って湯温をあげてつけおきする
  4. つけ置きが終わったら、溜めた水を抜く
  5. 小物類は残った汚れを確認してスポンジで軽く洗う
  6. 浴槽に再度水を張り、追い焚きをして風呂釜を掃除する

水アカが気になるシャワーヘッドは、洗面器にクエン酸水を作りつけ置きにします。

石鹸カスがひどいものはクエン酸水でパックしましょう。

 

洗面台

主な汚れは水アカなので、重曹とクエン酸水で掃除ができます。

材料

  • 重曹
  • クエン酸水
お掃除のステップ
  1. 重曹の粉末を全体に振りかける
  2. スポンジなどで磨くようにこする
  3. 水で全体をすすぐ
  4. 蛇口、洗面台全体にクエン酸水を振りかける
  5. 乾いた雑巾で拭き取る

 

洗濯機

洋服を綺麗にする洗濯機、洗濯槽が汚れていると汚れ落ちがイマイチだったり、
ニオイが気になったりします。

最近では抗菌水の洗剤などもありますが、過炭酸ナトリウムとクエン酸で簡単に
キレイになります。

掃除のポイントはお湯の温度です。

 

材料

  • 過炭酸ナトリウム・・・・・1カップ
  • クエン酸・・・・・・・・・大さじ1杯
お掃除のステップ
  1. 洗濯機に最大量までお湯を張る
  2. 給湯器を調整して、50度〜60度のお湯を使うことで汚れが浮き出してくる
  3. 過炭酸ナトリウムを洗濯槽に入れる
  4. 放置していると汚れが浮き出てくる
  5. 浮き出てきた汚れを網などですくい取る
  6. 汚れが出なくなるまで汚れを取る
  7. 合計で5時間ほどつけておく
  8. 自動洗濯のコースを選択し、2回目のすすぎのタイミングでクエン酸を加える
    (柔軟剤投入口から)
  9. 洗濯コースが終わったら終了

 

トイレ

トイレの汚れは尿がほとんどです。

便器は洗面台と同様に、重曹を研磨剤としてこすり落とします。

尿石が溜まっているところにはクエン酸パックで汚れを落とせます。

 

便座やフタは基本的にはアルコールスプレーを使います。
アルコールスプレーをマイクロファイバータオルに吹きかけ、拭きましょう。

臭いや尿石が気になる場合は、クエン酸スプレーを使うといいです。

 

便座やフタはプラスチックでできているものがほとんどです。
最近はトイレットペーパーで掃除する洗剤なども出ていますが、
それを使うのであれば便器だけにしましょう。

プラスチックの便座やフタをトイレットペーパーで拭くと、表面に傷がつきます。
雑巾やマイクロファイバーのタオルなどをお掃除用に使うようにしましょう。

 

目で見て判断しにくいので床や壁にはクエン酸スプレーを使いましょう。
スプレーを吹きかけて、マイクロファイバーの雑巾で拭きあげましょう。

まとめ

 

今やドラッグストアでは、多くの掃除用洗剤が売られています。

しかし、落としたい汚れの種類を正しく理解することで、意外と簡単、綺麗に
掃除することがお分りいただけたのではないでしょうか?

しかも、使う材料も重曹、クエン酸、過炭酸ナトリウム、アルコールと
簡単に手に入る安全性の高いものばかりです。

重曹はうがいに使って虫歯にいいという話もありますし、

バスボムを作って入浴剤にもなる優れものです。

 

まとめて買って置いておけるので、洗剤を買うよりも安くすみます。

 

 

上記で書いたように、空のスプレーボトルを持っておけば

混ぜるだけで簡単に作れます。

 

小さいお子さんがいて、子供が触れるモノ、家具などに洗剤を使うのはちょっと怖い。

という方などは、ぜひぜひ試して見てくださいね。