オーガニックライフ

重曹を歯磨き粉の代わり、重曹うがいでもう虫歯知らず?

先日、重曹やクエン酸などを使ったお掃除について記事を書きましたが、
重曹はお掃除以外にもオーラルケアにも使えます。

重曹とクエン酸など自然派ママが知っておきたいナチュラルなお掃除方法まとめ 最近は、重曹やセスキを使ったナチュラルなクリーニングやお掃除が流行っていますね。 ・子供が小さいから、洗剤を使いた...

重曹が歯磨き粉代わりにも使えるということをご存知でしょうか?

ネットで検索しても、実際に重曹でのオーラルケアに変えて
長年悩んだ歯の悩みが解消できた。という方も多くいるようですね。

毎日しっかり、市販の歯磨き粉をつけて歯磨きをしているのに虫歯ができる。
という方もいるようです。

重曹とは?

「重炭酸曹達(ソーダ)」の略で重曹と言われますが、
「炭酸水素ナトリウム」のことです。

白色の結晶性粉末で、水に溶け、弱いアルカリ性を示します。

食塩水を原料に、二酸化炭素を加えることで作られます。

ドラッグストアやスーパーマーケット、ホームセンターなどでも売られています。
食品添加物としては、ベーキングソーダ、膨らし粉として使われることもありますね。

 

先日記事で書いた家庭のお掃除、洗濯の他にも入浴剤に使えたりもします。

クエン酸と混ぜて、炭酸を作ったりと用途が様々です。

飲む炭酸水も作れるし、お風呂で炭酸風呂にもできますよ。

重曹を口に入れても大丈夫?

先ほども書いたように、ベーキングパウダーとしても使われていたり、
原料が食塩水と二酸化炭素ということもあり、安全性は高いと言われます。

炭酸水素ナトリウムという名前の通り、ナトリウムなので摂取のしすぎは良くありませんが、口に入れても大丈夫という意味では心配はなさそうです。

重曹うがいとは?

 

重曹のオーラルケアとしては、
重曹うがいと重曹を歯磨き粉として使うという方法があげられます。

重曹うがいは水に重曹を溶かしてうがいをするだけです。

それだけで、虫歯の予防や口臭を抑える効果も期待できるといわれています。

重曹うがいのメカニズム

なぜ、重曹でうがいをするだけで虫歯の予防や口臭を抑えることができるのでしょうか?

それは重曹の性質によるものです。

重曹のペーハーは弱アルカリ性、唾液のペーハーは弱酸性です。

下のイラストを見ていただければわかるかと思います。

  • 数字が小さいほど酸性度が高い
  • pH7.0 が中性
  • 数字が大きいほどアルカリ度が高い

唾液:pH6.8 弱酸性
重曹:pH8.2 弱アルカリ性

では、虫歯の原因はなんでしょうか?

虫歯の原因それは、虫歯菌が作り出す乳酸です。

虫歯になるステップ

  1. ご飯を食べる
  2. 口の中にいる虫歯菌が糖質を酸に変える(食品自体が酸のものもある)
  3. 食後数分で口の中はpH4.5~5.5の酸性環境へ
  4. 口の中がpH4.5~5.5の酸性の状態が長く続くと、歯の表面にある
    エナメル質が溶けていきます。
  5. 唾液(弱酸性)が分泌されて、酸性から弱酸性へ変わっていく

この、4のエナメル質が溶けている状態を脱灰と言います。

  • 唾液の量が多い人は虫歯になりにくい
  • 唾液の量が少ない人は虫歯になりやすい

なんていう話を聞いたことがないでしょうか?

 

それは、唾液が多く出れば、この食後の酸性の時間が短くなるためだと思われます。そのため、虫歯にならないための一つのポイントが食後の酸性の時間を短くするということです。

そうであれば、弱アルカリ性である重曹水でうがいをする。それにより、口腔内が酸性から中性へと変わっていく。

歯が溶ける原因の一つである酸がなくなるため、歯が溶けなくなるというメカニズムです。

重曹うがいで得られる効果

重曹の虫歯予防効果

西村歯科医院(神奈川県寒川町)の西村耕三院長も
「コップ1杯の水に小さじ1の重曹をよく溶かした重曹水をブクブクと口に含む」
うがいを勧めています。

弱アルカリ性の重曹が酸を中和するため、飲食後や胃酸の逆流後などにも有効だと言われています。

重曹のホワイトニング(漂白)効果

ホワイトニングの効果は、歯磨き粉の代わりに使った時に得られるようです。
重曹でのお掃除の記事でも書きましたが、重曹は研磨剤としての効果もあります。

市販の歯磨き粉にも研磨剤、界面活性剤の役割で
炭酸水素ナトリウムが使われているものがあるようです。

掃除の時は、シンクやトイレの便座などの掃除をするときに研磨剤代わりとして
使う方法を書きました。

研磨剤ということは、強く磨く、磨きすぎると
先ほど書いたエナメル質に傷をつけてしまうため、磨き方には注意が必要です。

重曹の口臭予防効果

口臭の原因になる物質は、揮発性硫黄化合物だと言われています。

具体的には

  • 硫化水素
  • メチルメルカプタン
  • ジメチルサルファイド

この3種類であり、これらは3つとも酸性の気体なのです。

そのため、重曹水の弱アルカリ性で中和されることで臭いが緩和されることが期待できます。

しかし、あくまですでに発生した気体に対する反応です。

発生源に対してはどうでしょう?

体験談などを見ていると、

重曹うがいで舌苔がなくなった。
重曹うがいで歯周病などが治った。

という体験談も多く見られます。

重曹うがいによって、口腔内の菌のバランスが整い口臭がなくなるという
効果もあるのかもしれません。

効果的な重曹うがいのやり方

使う重曹は必ず食品のものを使いましょう。

ドラッグストアや製菓材料店などでも売っています。
必ず、食品用の重曹を使うようにしましょう。

 

 

 

 
食用のものでも、余って困ることは無いでしょう。
 
  1. コップに水100mlと重曹小さじ1/2(約3g)を入れてよく混ぜる
  2. 口の中全体に行き渡るように、しっかりとうがいする
  3. 口の中をすすがなくても大丈夫

重曹うがいをする時には毎回、その都度新しい重曹水を作りましょう。

作り置きはしないようにしてくださいね。

重曹うがいをオススメしたい人

 

虫歯、知覚過敏になりやすい体質だと思っている人

市販の歯磨き粉を使って毎日歯磨きをしていても、虫歯になる人もいるようです。
歯磨きの後に重曹うがいをするだけでも効果が期待できます。

小さい子供でも重曹うがいは安心

子供は口も小さく、自分で歯を完璧に磨くことは難しいですよね。
そのため、うがいだけなら簡単にできます。

間違えて飲んでしまっても、体に悪くはないので安心して使えます。

 

毎食後にオーラルケアをしたい人は重曹うがいおすすめ

学校や職場で食事をした後、歯磨きをしている人もいますよね。

しかし、時間がなくて歯が磨けない。歯ブラシを毎日持って歩くのが面倒臭いなど。

ドラッグストアや100円ショップで小袋入りの重曹も売っています。
それを持っていれば、あとは水があれば簡単に重曹水を作って重曹うがいができますね。

重曹を歯磨き粉がわりに使うメリット、デメリット

重曹には研磨剤としての効果と界面活性剤としての効果があります。

重曹水のうがいだけでも効果は色々とあるようですが、
歯の着色汚れなどが気になる人は重曹水のうがいをした後に
重曹水が口の中に残った状態で歯を磨くのも効果的です。

重曹歯磨きのメリット

重曹で歯を磨くことで、研磨剤、界面活性剤の効果で
着色、汚れを落とす効果が期待できます。

この効果のおかげで、歯が白くなったという体験談や、
ホワイトニングの効果があるという体験談があるのだと思われます。

重曹歯磨きのデメリット

重曹で歯を磨きすぎると、歯の表面に傷がつくリスクもあります。

しかし、市販の歯磨き粉にも研磨剤として炭酸水素ナトリウムが入っているものが
ありますし、それ以外の研磨剤が入っているものもあります。

磨き初めて、知覚過敏になったということなどがなければ
そんなに心配することはないのではないでしょう。

様子を見ながら続けることをお勧めします。

市販の歯磨き粉のメリット、デメリット

 

重曹歯磨き、重曹うがいで虫歯を防げるのであれば、
市販の歯磨き粉には何が入っているのでしょうか?

 

とある製品の原材料表示です。

  • ソルビット・・・湿潤剤、甘味料の添加物、とり過ぎると下痢をするといわれている
  • PG・・・・・・・湿潤剤、保湿剤の添加物、腎臓障害を引き起こすといわれている
  • サッカリン・・・甘味料の添加物 発がん性あり 食品にも添加されていない
  • 無水ケイ酸・・・研磨剤の一種
  • POEステアリエーテル・・・・・・・・・・界面活性剤
  • ヤシ脂肪酸アミドプロピルベタイン液・・・界面活性剤
  • ラウリル硫酸ナトリウム・・・発泡剤 界面活性剤

健康リスクがあると言われているものも使われていますね。

歯磨き粉と合成洗剤は同じ成分?

経済産業省では、PRTR制度という制度があります。

これは、人の健康や生態系に有害なおそれのある化学物質が、事業所から環境(大気、水、土壌)へ排出される量及び廃棄物に含まれて事業所外へ移動する量を、事業者が自ら把握し国に届け出をし、国は届出データや推計に基づき、排出量・移動量を集計・公表する制度です。

参考サイト
[pz-linkcard-auto-replace url="http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/prtr/index.html"]

 

この制度で国が有害であると指定している化学物質
ラウリル硫酸Naが発泡剤として含まれている歯磨き粉も掲載されていました。

ラウリル硫酸Naは、陰イオン系の合成界面活性剤です。

界面活性剤とは、水と油をつないで、汚れを落とす働きがあります。
洗濯や台所洗剤などでよく使われています。

発泡剤としてということは、泡立ちを良くするということ。
使用目的は使用感の良さを求めてのものだと考えられます。

合成の界面活性剤が口の中で使われるということは、粘膜からの経皮吸収のリスクも考えられます。

経皮毒のリスクは有害物質を食べた時よりも大きく、排出されにくいと考えられています。

それは、人の体は口から入ってくるものに対しては、いくつもの関門があります。
体に入ってきても大丈夫かどうかのチェックがされているからです。

しかし、経皮吸収ではその関門がなく
直接血液に取り込まれてしまうと考えられています。

そのため、経皮吸収で入ってきた有害物質は
スムーズに排出するシステムが備わっていないと言われているのです。

 

市販の歯磨き粉の注意書き

市販の歯磨き粉の注意書きを読んだことはあるでしょうか?

  • 傷等がある時は使わない
  • お口のまわりの傷などに直接つけないでください。
  • 口中の異常、発疹やかゆみ、強い咳きこみ等の症状が出たら使用を中止し医師に相談する。

などという注意書きがあるのです。

ということは、普段歯磨きで歯茎から出血をするような人は、
そのまま歯磨き粉を使っていても問題がないのでしょうか?

 

さらに、歯磨き粉を使った後は口の中が変な味がする。

食べ物や飲み物を口にすると、変な味がするという経験はないでしょうか?

それは、界面活性剤が口内細胞にダメージを与えるためです。
界面活性剤の界面活性作用で、口の中の細胞がダメージを受けているのです。

石けんよりも合成の界面活性剤のほうがはるかに強力です。そして、残留性も高いです。うがいをしてすすいでも、幾らかは口の中に残留してしまうリスクがあります。

そんなリスクを負ってまで、市販の歯磨き粉を使う必要があるのでしょうか?

また、最近の流行としてフッ素が入っているものがほとんどです。フッ素も健康被害についても賛否両論あります。

重曹うがいで、長年の虫歯の悩みから解放された体験談

重曹について調べていると、色々な体験談を見ることができました。

その多くが、虫歯になり、何度治療しても再び虫歯になる

それも、ちゃんと歯科医の言う通りに毎日歯磨きをしていて、歯磨き粉を使っていたのに。
という人が多いのです。

それで、歯科医の言う通りにやっていて虫歯になるのであれば、
違う方法はないのか?と調べたところ重曹うがいにたどり着いたというのです。

そして、実践してみると
長年どうにもならなかった悩みから解放されたというものです。

重曹歯磨き・重曹うがいのまとめ

ネットで調べてみると、色々な記事がありました。

重曹うがい、重曹での歯磨きをし始めた体験談と
歯科医が重曹うがい、重曹での歯磨きについて検証をしている記事などもありました。

その歯科医さんは、その記事では結論として
重曹でも多少の効果が期待できるが、歯磨き粉にはかなわない。
わざわざ重曹を使うメリットはない。というものでした。

しかし、市販の歯磨き粉の成分やフッ素のリスクを考えるとどうでしょう。

メーカーは、毎日摂取しても安全なレベルという見解です。

しかし、多少なりともリスクがあるということは間違いないと言えるでしょう。

それと、重曹のリスク。

どちらを選ぶかは個人のチョイスですね。

どうしても歯磨き粉を使いたいという方は、せめて添加物が少ない物の方がお勧めです。

オススメの無添加、オーガニック系の歯磨き粉