オーガニックフード

アミノ酸って体にいいの?

アミノ酸と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?
アミノ酸配合のドリンクなどはコンビニにもたくさんありますね。

食品添加物の代表格も調味料(アミノ酸)です。
アミノ酸を摂取すると聞くと、とても聞こえがいいです。

アミノ酸とは?

アミノ酸はたんぱく質の構成成分です。

そのたんぱく質は筋肉、内臓、血液、骨格、皮膚、等の組織や酸素、ホルモン、
免疫抗体等の生理機能を維持、調整する物質を作る際の基本的構成成分となるもので、
約20種類のアミノ酸によって構成されています。

これらアミノ酸のうち、体内で合成されない、または十分に合成されていないものを
必須アミノ酸と呼んでいます。

しかし、わざわざ食事以外から摂取する必要があるのでしょうか?
プロのアスリートなどで、体を発達させたい場合は話は別です。

我々とは比べ物にならないくらい体を酷使し、それを維持・回復・増強させるために
サプリメントなどで摂取する必要があります。

それすらも効果がある摂取の仕方、種類などは限定されています。
そうであっても肝臓への負担は大きくなります。

では、ほとんど運動しない一般の人がわざわざ多量の精製されたアミノ酸を
摂る必要はないのです。

美容のため?

ダイエットのため?

むしろ、アミノ酸を過剰摂取することによる問題があることも
頭の片隅に入れておいてください。

特に市販の清涼飲料水などでは、アミノ酸を摂る意味がないどころか、糖分や添加物を
含みすぎているため、体によいとは言えません。

たんぱく質はアミノ酸の塊です。

たんぱく質を摂取すると、体の中でアミノ酸に分解されます。

バランスよく摂取されており、うまく合成されればたんぱく質になったり
体の修復に使われたりします。

そのためには20種類のアミノ酸、それらがバランスよく組み合わさり形成されるのです。

1,2種類のアミノ酸を突出して摂取していると、その分が余ってしまいますよね。。。

 

アミノ酸を取りすぎると体はどうするか?

そのまま排泄できればいいんですが、人間の体はアミノ酸のままでは排泄できない
ようになっています。

特定のアミノ酸が血液中に過剰になってしまうと、
さらに細かいレベルに分解して身体の外へ排泄する作業をしなければならないのです。

これが身体、臓器には負担になるのです。

その対象になる臓器が腎臓や肝臓です。

窒素となって尿中にも排泄はされます。

しかし、その分の水分摂取量を増加させる必要もあり腎臓に負担をかけることになり、
腎臓機能にかなりの負担をかけます。

これが日常的になれば腎機能障害につながる恐れもあります。

更にカルシウムの排泄量も増加するため、骨粗鬆症リスクを高めてしまうとも言われています。

普通に毎日食事をバランスよく食べていれば、全く必要のないものです。
ましてや過剰摂取にはリスクがあります。

アミノ酸(調味料)とは?

食品添加物としてのアミノ酸はいかがでしょうか?

ご自宅にある食品の原材料表示をぜひ一度、見てみてください。ご自宅にある何種類の食品にアミノ酸(調味料)が含まれているでしょうか?

機会があれば、スーパーやコンビニで普段の買い物をする際にも、
原材料表示をチェックしてみてください。

旨みを感じさせるためだけに入っているアミノ酸です。

外食でも普通に使われています。自宅の食品でしたら確認できるので避けることはできますよね。

サプリメントについても
アミノ酸に関しては普通の人はわざわざサプリメントなどで摂取する必要はありません。

アミノ酸以外でも、サプリメントを日常的に摂取されている方は気をつけてください。
サプリメントは栄養成分を食品添加物などで成型しています。

品質の悪いものも多いので、見栄えがよいものほど気をつけたほうがいいです。

身体にいい物を取り入れようとして、添加物という必要のないものまで
取り入れている可能性は大きいです。

何物も過剰摂取にならないように気をつけたいですね。
普段何気なくスーパーで買っている食材、安全だと確証できていますか?

魚屋はだいたい産地が商品のシールと売り場に
一括表示でPOP(ちっちゃい看板)が置いてあることがほとんどです。

添加物の表示は商品の裏側にラベルで貼られているか、POPで置いてあります。

スーパーでは、お寿司の全種類に調味料(アミノ酸)が使われています。

加工食品には当たり前に使われているアミノ酸ですが、惣菜やお寿司にも使われています。
デパートのお惣菜、お寿司などにも普通に使われています。

もっとも一般的な添加物といえるでしょう。

ちょっとここでアミノ酸について簡単に説明を、旨味調味料化学調味料といわれる添加物です。

主にアミノ酸の中でも、グルタミン酸ナトリウムの事を指します。

人が旨みとして感じる成分のひとつです。

(このほかに貝などに含まれる旨味の主成分であるコハク酸やイノシン酸、グアニル酸、キサンチル酸などがあります。)

化学調味料、旨味調味料の問題点

  • 成分だけを抽出しており、それらを大量に摂取することによって日本特有の出汁など
    複雑な味覚が失われる可能性が高い。
  • 味が良くない食品に添加することによって、味をごまかせる。
    つまり食材が悪くてもおいしく感じさせることが出来る。
  • 摂取しすぎると中華料理症候群という症状が出る。(大量に摂取した場合)

 

上記が主な問題点として挙げられますが、外食でも非常に使用しているところが多いです。

 

むしろ使用していないところはそれをアピールしていることもあります。
安価な食品を使うために、旨み調味料でごまかす。

それをうまいからといって食べてしまっている人はたくさんいると思います。

確かに、食品添加物としては使用基準が決められており加工品はそれにしたがって作られているはずです。

 

しかし、

1つの商品としての添加量として毎日摂取しても体に支障がないであろう量

これが今の日本の添加物の基準です。

 

つまり、

  • アミノ酸が入っている商品を一日に何種類も摂取すること
  • ほかの化学物質との複合的な作用

これらについてはまったく検討されていないのです。

さらに、外食では基準がないため大量に使用されている可能性が高いでしょう。

 

アメリカではベビーフードへの添加は禁止されています。

 

さらに、最近は日本だけではなくアジアで味○素はシェアを伸ばしているようです。
街中の屋台でも使われいるかもしれません。

スーパーの惣菜でも、添加物表示は基本的に義務付けられています。

しかし、店内加工だと表記しなくてもいいのです。

きれいに並べられた商品の裏側にラベルで添加物が記載されています。
見慣れない化学名で書かれています。

 

みなさん、今日からスーパーへ行った際にはクルっとしてみてください。

では早速、

食品添加物を気にし始めると、
まず最初に目につくようになるのが

アミノ酸(調味料)だと思います。

調味料って書いてあるけど、昔から日本でいわれる調味料のさしすせそには
入っていませんよね。

これは、みなさんご存知の化学調味料のことですね。

旨み調味料とも言われます。

グルタミン酸と言うのはアミノ酸の一種で旨味成分の1つとして有名です。
昆布とか大豆、シイタケやトマトにも含まれてます。

旨味成分とは、日本人がよくいう「よくダシが出てる~!」
とかいうあの旨味のことですね。

他にも旨味成分としてはアミノ酸以外に

核酸構成物質
・イノシン酸(鰹節に含まれる)
・グアニル酸(シイタケに含まれる)

有機酸
・コハク酸(貝類に含まれる)

などがあります。

 

同じ旨味成分でも、種類が違うというわけですね。
これらを複数組み合わせると、旨味が増すというわけです。

だって、種類の違う旨味をいくつも配合しているんだからね。

 

お味噌汁には、昆布(グルタミン酸)と鰹節(イノシン酸)

中華だと、鶏ガラ(グルタミン酸)とシイタケ(グアニル酸)とかです。

まさに、旨味の相乗効果ですね。

 

グルタミン酸を作る方法は

  • 石油から合成する
  • サトウキビのカスを発酵する

この二つの方法があるのですが、
出来上がるものは純粋なグルタミン酸なのでどっちも変わらないもの。

○の素のCMでも、
サトウキビから作ってます!とPRしています。

グルタミン酸だと加工に不便なため、水酸化ナトリウムと作用させたものがグルタミン酸ナトリウムです。

水に溶けやすく、旨味もさらに強くなるということです。

でもさ、昆布とかに含まれてる成分なのに、身体に悪いの???という、ところが
ポイントですよね。

では、なぜこれが問題とされているのか?
一般的に良くいわれるのが、味覚が狂うといわれています。

歴史的に、一番始めに化学調味料が問題視された事件が、中華料理店症候群というものです。

 

以下参照。

wikipediaより

1968年に中華料理を食べた人が、頭痛、歯痛、顔面の紅潮、体の痺れなどの
症状を訴えた中華料理店症候群 (Chinese Restaurant Syndrome) の話が
有名である。

その後JECFAなどで繰り返し追試を行った結果、通常の経口摂取では
ヒトに対する毒性は確認できず、中華料理店症候群を引き起こす証拠は
見当たらないという結論に達した。

米国食品薬品局 (FDA)、ヨーロッパ食品情報会議 (EUFIC)、
欧州連合食品科学委員会 (SCF) なども同様の評価を下している。

現在JECFAはグルタミン酸ナトリウムの一日許容摂取量を「なし」としている
(1987年第31回会議)。

FDAもグルタミン酸ナトリウムをGRAS (Generally Recognized As Safe)
として、食酢や食塩と同等の安全性であるという位置づけにしている。

しかし、多くの検証も安全性を確証するには至っておらず、米国では
いまなおグルタミン酸ナトリウムの摂取が脳などに深刻な被害を及ぼすと
考える人々が存在する。

また、「NO MSG」(グルタミン酸ナトリウム不使用)を宣伝文句にした、
調味料や中華料理店などが現在でも数多く存在する。

これを読んで、

「なんだ、安全なのでは?」と考えるか?

「安全とも言い切れないんだ・・・」と捉えるか?

確かに、現状の検査内容では問題があるとは言い切れないようです。

 

ただし、その検査方法や内容をご存知ですか???

日本の食品添加物もそうだけど、ADI(1日摂取許容量)の決め方、ご存知ですか?

 

個人的には、そんな決め方で危険性が指摘できなかったからと言って、

安全とは言い切れないと思いました。

 

化学調味料、グルタミン酸ナトリウムのリスク

海外での研究データではこんなのも。

1968年ワシントン大学医学部ジョン・オルニー博士は、

MSGが脳の神経細胞を破壊することを発見。

1984年にEPA(米国環境保護庁)の神経毒性学部門と共に実験を行い、
MSGが脳の神経細胞を興奮させることで壊すというメカニズムを発見。

それを「excitotoxicity(興奮毒)」と名づけました。

 

「興奮毒性」とは、グルタミン酸ナトリウムなど興奮性のある
神経伝達物質による過剰な刺激により、神経細胞が傷ついて死んでしまうことである。

このグルタミン酸の持つ興奮毒性は、今では神経科学の専門家の間では

広く知られていることであるが、現在このうまみ(化学)調味料に含まれる

グルタミン酸ナトリウムの危険性を指摘する科学者が一人もいないのは、実に不思議なことです。

 

そしてグルタミン酸ナトリウムの毒性を指摘しているのが

有名なアメリカの脳神経外科医 ラッセルブレイロック博士

HPより:http://www.russellblaylockmd.com/

彼が指摘するのは興奮毒としての危険性。

ブレイロック博士は有名な脳神経外科医として長年の実績を持ち、現在は著作と講演活動をしている。

博士は3冊の著書で、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームが興奮性神経毒
として働くメカニズムと、その害を防ぐ健康法について述べている。

私はグルタミン酸に関するあらゆる研究報告に目を通した。

また、グルタミン酸の安全性を主張する専門家や、中でももっとも著名な人々とも文書でやりとりしたが、彼らの中の誰一人として、私の主張に反論できる者はいなかった。

グルタミン酸は安全であるとされている。

そして多くの専門家は、脳は血液脳関門で守られているのでグルタミン酸の害を受けないと言っているが、それは嘘である。

グルタミン酸の受容体は血液脳関門にあり、これらの受容体はグルタミン酸にさらされると、開いてしまう。

つまりグルタミン酸は、血液脳関門を開くのである。

血液脳関門が破られる状況は他にもあり、たとえば高齢になると血液脳関門が弱くなる。

そのためにアルツハイマー病患者のほとんどでは、脳関門が機能していない。

また熱中症や発作、自己免疫疾患、多発性硬化症などではすべて、血液脳関門が機能していない状態にある。

現在は、以前はあまり見られなかった数々の神経系の病気が世界中で急増している。

それらは、アルツハイマー病や自閉症、多動症、パーキンソン病などのさまざまな神経変成病だ。

このような病気が今では当たり前のようになっているが、これは恐ろしいことである。

しかも神経科学の研究論文をどんなに読んでも、これらの病気の原因について解明されていない。

専門家でさえ、なぜこれらの病気が増え続けているのかが分からないのである。

原因が特定できないのは、我々の身近にあふれる毒性の物質の種類があまりにも多いからである。

たとえば、水銀やアルミニウム、農薬、除草剤は、これらの神経変成病と関連があることがわかっているが、どれが原因であるかは特定することができない。

しかし調べてみると、それらの化学物質が脳に損傷を与える仕組みはみな同じで、それらのすべてが興奮毒性のメカニズムを持っている。

 我々の身の回りにあふれるこれらの毒物だけでなく、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームのような神経毒が、食品を通して体内に取り込まれることで、脳内の興奮毒性が驚異的に加速されることになる。

その結果として、現在あるアルツハイマー病や自閉症、多動症、パーキンソン病などあらゆる種類の神経病の蔓延が見られるのだ。

 グルタミン酸の受容体は、脳や脊髄などにある中枢神経系のシナプス(神経細胞)に多く存在しているが、さらに最近の研究ではそれらが中枢神経だけでなく、体内のすべての臓器や組織に存在することがわかっている。

心臓や肺、卵巣、精子まで含むすべての性殖器系、副腎、骨、すい臓までもグルタミン酸の受容体で活動が制御されていることがわかっている。

それら体内に多く分布するグルタミン酸の受容体は、脳内のものとまったく同じ働きをする。

その結果、化学調味料入りの食事をした後では、グルタミン酸の血中濃度が非常に高くなり、体内のすべてのグルタミン酸受容体が刺激される。

そして現在では、心臓突然死が増加している。

もし化学調味料入りの食事とアスパルテーム入りドリンクを飲んだ直後に、激しい運動をしたらどうなるだろうか。

おそらく心臓にあるグルタミン酸受容体が強く刺激されて、人によっては心臓突然死を起こすだろう。

心臓突然死は二つの原因で起きる。

それは不整脈と冠動脈攣(れん)縮である。そのどちらもがグルタミン酸
によって起きる。

しかし死亡診断医はこの情報を知らず、まったく聞いたことがないのだ。

実際に私が話した心臓病専門医のほとんどが、心臓刺激伝導系や心筋にグルタミン酸の受容体が多く存在することを知らなかった。

アメリカ国内だけでも、不整脈を抱える患者が数百万人いるが、心臓を刺激するグルタミン酸やアスパルテームを避けるようにと、彼らに助言する医者はいないのである。

また心臓突然死に深く関係するのは、マグネシウムの欠乏である。

マグネシウムが欠乏しているとき、グルタミン酸受容体は過敏になるので、激しい運動をする人でマグネシウムを補給していない場合、心臓突然死を起こす可能性がある。

興奮性神経毒は、がん細胞の成長と転移を劇的に促進することも最近になって判明した。

実際にある研究者が、がん細胞がグルタミン酸との接触で刺激されて動き回ることを観察している。

化学調味料の成分であるグルタミン酸ナトリウムも同じようにがん細胞を活性化し、癌の転移を促す。

グルタミン酸ナトリウムと接触した癌細胞は成長し、組織内で動き始めることが、それより前の研究でも観察されている。

つまり体内で、化学調味料によるグルタミン酸濃度が上がると、癌細胞はたちまち広がるのだ。しかしグルタミン酸を阻害すると、癌細胞の成長は劇的に低下する。

つまり、グルタミン酸の活動を抑えることで、癌細胞の活動が抑制されるわけである。

今や、神経科学の研究論文は、すべてが興奮毒性をテーマにしている。

この分野で今もっとも注目されているのが、興奮毒性とグルタミン酸受容体の働きなのである。

彼ら研究者たちは食品中のグルタミン酸について言及しないが、私の役割は、化学調味料や食品に含まれる興奮性神経毒について伝えることである。

「マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている」 THINKER著
5次元文庫徳間書店 抜粋

グルタミン酸とアステルパームのところ、気になりますね。。。

>もし化学調味料入りの食事とアスパルテーム入りドリンクを飲んだ直後に、
>激しい運動をしたらどうなるだろうか。
>おそらく心臓にあるグルタミン酸受容体が強く刺激されて、
>人によっては心臓突然死を起こすだろう。

有名スポーツ選手の急死などをニュースで見かけると複雑な気持ちになってしまいます。

ほぼ、大きな規模のスポーツ大会やイベントでは清涼飲料メーカーが
スポンサーになっていることも多いですしね。

さらに、外食や加工食品でアミノ酸を使ってないものを探す方が大変。。。
そこにスポーツドリンクに使われているアステルパーム。

自分もラグビーをやっていたので、思い当たるフシはあります。

清涼飲料水のカロリーゼロと謳っている商品によく使われているのがアステルパームです。

カロリーがないから、ヘルシーだと思って飲んでいる人も少なくないのではないでしょうか?

 

そして、緑内障と化学調味料(グルタミン酸)との関係について
こんなニュースもあります。

[pz-linkcard-auto-replace url="http://medical-today.seesaa.net/article/45577317.html"]

以下転載

日本人の緑内障の7割を占める「正常眼圧緑内障」の進行を、アルツハイマー病の
治療薬で抑えることに、東京医科歯科大の研究グループが、動物実験で成功した。

緑内障による失明の予防などにつながる研究成果で、
米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション
電子版に掲載された。

緑内障は、視神経が損傷し、視野が次第に狭くなる病気。

日本人の失明の原因のトップで、国内の患者数は約400万人。
眼球の圧力(眼圧)が高くなると発症するタイプと、正常眼圧で起こるタイプがある。

同大の田中光一教授(分子神経科学)らは、マウスの網膜に、
視神経に光の情報を伝えるアミノ酸の一種、グルタミン酸が異常に蓄積すると、
視神経が損傷することに着目。

余分なグルタミン酸を排除する機能をなくすと、マウスは、
人間と同じ正常眼圧の緑内障を起こすことがわかった。

このモデルマウスに、欧米で認可されているアルツハイマー病治療薬(メマンチン)を1日1回、1週間注射すると、何もしないマウスは網膜の視神経の細胞が20%失われたのに対し、注射したマウスは3%の損傷に抑えられた。
(YOMIURI ONLINE)

緑内障とは?
眼球内を循環する房水の流れが悪くなり、眼圧が高まって視神経が
障害される病気です。

緑内障は急性緑内障と慢性緑内障に分けられます。
急性の場合は、眼圧が急に高くなって、視力が衰え、眼の痛みや頭痛、
吐き気、嘔吐などの症状があらわれます。

慢性の場合は、自覚症状が少なく、慢性に経過しますが、放置すると
徐々に視力が低下し、視野が狭くなり、失明することもあります。

平成14年に発表された弘前大学の大黒らの報告によると、
高濃度のグルタミン酸ナトリウムを摂取させたラットの目には
障害が発生しやすいという。大黒らは、このことがグルタミン酸ナトリウムが欧米に比べて
広く使われているアジアで緑内障が多い原因のひとつではないかと述べている。

wikipediaより

こんなリスクを冒してまで、入れるべき添加物なのかなと思ってしまいます。

製造の過程でどうしても使わないといけないようなものではないと思うのですが。

 

とにかく、避けようと思ったら原材料表示のアミノ酸(調味料)を避ける事です。

あと、たんぱく加水分解物 も同様です。

製品によっては二つとも入ってるものがあります。

ある特定の成分だけ取り出しちゃうと、
人間の身体は代謝しにくくなるのは何となくわかる気がする。

だって、そんな形ではいってくる事今までなかったんだもん。。。

 

食品に含まれる状態では、様々な栄養素、成分と一緒になっています。

一つの栄養素、成分を分解、消化して代謝していくためには、
多くのビタミンやミネラルが必要なのです。

精製してしまうと、それらのバランスを取れずに過剰摂取になってしまうことが問題です。

 

塩化ナトリウムもそうです。

ナチュラルな製法で作られた塩はナトリウム以外の
ミネラルも色々含んでいますよね?

塩化ナトリウムと天然塩は全くの別物です。

ちなみに、味塩コショーにはMSGが入っています。ただの塩胡椒とにうま味調味料を添加しているのです。

天然塩には塩化ナトリウムとその他のミネラルが含まれているのです。だから人間が身体に入れてもバランスもとれるし、排泄の助けにもなるようになってるんじゃないでしょうか。

不自然な加工はやっぱり、人間の身体がうまく対処できないですよね。

 

参考URL

動画もあったので、興味のある方は下記より。

MSGの危険性2前編~あなたの脳の最大の敵

MSGの危険性2後編~あなたの脳の最大の敵