オーガニックライフ

なぜ女性は化学物質を男性よりも体に溜め込みやすいのか?

身近な化学物質

今日、推計で5万種以上の化学物質が流通しています。

また、わが国において工業用途として届けられるものだけでも
毎年300物質程度の新たな化学物質が市場に投入されています。

化学物質の開発・普及は20世紀に入って急速に進んだものであることから、人類や生態系にとって、それらの化学物質に長期間暴露されると言う状況は、初めて生じているものです。
2003年「環境白書より」

その一方で、「今日、市場に出回っている化学物質のなかで、量として
75%に当たるものについて、基本的な毒性テストの結果すら公開されていない」
(米国NGOの環境防衛基金『Toxic Ignorance(毒性の無知)』1997)といった
現状があります。

「便利な生活」のために、化学物質を開発、利用していくことが優先されてきました。
そのため、安全性の検証は後回しにされがちです。

そして、今ごろになって環境ホルモンや化学物質過敏症などの
予想できなかった新たな問題が表面化してきました。

 

NPO法人 化学物質過敏症支援センター

 

日本に既に90万人くらいの人が発症しているそうです。

90万人と言うとそれほど多くないと感じますが、例えば日本人の苗字で「中村」と言う姓の人が大体90万人と言われています。

そうしてみると結構多いのではないでしょうか。

 

お知り合いに中村さんという姓の方は何名おられますか???
その人数だけ化学物質過敏症という病気がすでに日本に存在しているというイメージです。

頭痛、眼が痛い、心臓がどきどきする、顔がほてる、関節が痛いなどなど
不快な症状になります。

 

どうして化学物質に過敏な身体になってしまうのか。

もちろん個人差、遺伝子の違いはあります。

日常生活していて、食べるものから、着るものから、事務所や自宅の建物から
化学物質は体に自然に取り込まれていきます。

意識していなくても、中国からのPM2.5や農業で使われている農薬もその一種です。

花粉症でよく言われていますよね。
徐々に体に溜まっていき、とある日に突如発症するといわれています。

 

コップに入った水を想像してください。

少しずつ歳を重ねるうちに、水面(化学物質)はかさを増して行きます。
とうとう満杯になります。

表面張力で水は膨らんでいます。

そこにわずか一滴が加わった瞬間、コップの外に水がドドっと溢れ出します。

これが発症の瞬間です。

それからと言うものわずかな化学物質に触れるたびに発症してゆきます。

化学物質過敏症の原因、治療法は病院でもわからない!?

まだ医療界でも認知度も低く
理解がされていない病気でもあります。

そのため、診断がつかないケースも多々あるようです。

つまり、本当は化学物質過敏症なのに、
違う病名で診断されたり、原因不明で処理されるということです。

いくら検査をしても臓器的にはどこも悪くない。
そのため、原因がわからない。

強いて言えば症状だけをみて、更年期障害か不定愁訴だと診断されてしまいます。
医師からすれば、原因がわからないとは言いたくないものです。

更年期障害や不定愁訴と言ってしまえば、簡単に診断がつけられるのです。

しかし、実際には化学物質過敏症であった場合、
いくら薬を飲んでも、微量な化学物質が取り除けない場合、症状は良くなりません。

とんでもない化学物質検知器が身体に備わってしまったということです。

その検知精度はとてつもなく高く、10億分の一の濃度と言われています。

ナノという単位の世界です。

小学校のプールは平均的に325立方メートルの水が入ります。

そこに小さじ一杯5ccの化学薬品を落として良く混ぜます。

1.6ppb(パーツ・パー・ビリオン)の濃度です。

その水を化学物質過敏症の人は感じてしまうのです。

化学物質過敏症の原因

  • シックハウス・・・・・59%
  • 農薬、殺虫剤・・・・・21%
  • 有機溶剤・・・・・・・  8%
  • その他・・・・・・・・12%

というデータが北里研究所病院臨床環境医学センターの坂部貢先生から発表されています。

上記を見ると、吸い込んでしまうものが多いようです。

 

発症者の反応を引き起こす主な化学物質など
▼発症者の90%以上に症状が出るもの
・家庭用殺虫
・殺菌
・防虫剤類
▼発症者の80%以上に症状が出るもの
・香水などの化粧関連用品類
・衣料用洗剤類
・防臭
・消臭
・芳香剤類
・タバコの煙
・シャンプーなどボディーケア用品類
・灯油などの燃料類
・ペンなど筆記用具類
・印刷物類
※横浜国立大学・糸山景子氏らが、CS支援センターの発症者488名(回答者278名)に行ったアンケート結果より

化学物質支援センターより引用

 

 

男女の比率で圧倒的に多いのは女性で、80%以上が中高年の女性と言われています。

つまりは主婦層ということです。

 

なぜか?
新築住宅に住み始めて、一番長く家の中にいるのは主婦です。

 

女性がどうしてこれほど多く発症するのか考えてみると、やはり女性の体質が考えられます。

栄養分を脂肪として蓄える体質です。

人類の長い歴史のなかで長年、女性は栄養的に恵まれない中で
出産という肉体的に負担の大きい役割を負っていました。

 

そのため、わずかな栄養分を吸収し易い体質になってゆきました。

この体質はそのまま化学物質に対しても発揮され、化学物質を吸収し、脂肪質に蓄えてしまったのです。

 

多くの化学物質は脂肪に溶け込みやすいのです。

 

化学物質過敏症にならないために

そのため女性には特に、化学物質が
身体に取り込まれることがないように注意することをお薦めします。

シャンプーや化粧品、食品からも同様だといえるでしょう。

最近だと、香害という言葉もあります。
柔軟剤や芳香剤、あれらも化学物質を含んでいます。

誰にでも起こりうる、化学物質過敏症。
ナチュラルなもので置き換えることもできます。

まずはそのリスクを知って、できるところから置き換えてみたいですね。

[pz-linkcard-auto-replace url="http://www.fukuneko-ya.org/organic_cotton/kabinshou.html"]

病院でこの体の変調を調べると一般的な病名に当てはまりません。

眼に見えない相手との戦いですから、恐怖感が強くなり、
なんでもないものでも反応するようになります。

化学物質過敏症の人たちは、重症となると、日常の生活は出来なくなります。
「化学物質過敏症」は特に先進国に多く見られ、広がっているのです。