オーガニックライフ

子宮筋腫について

ライフスタイルの欧米化により、子宮筋腫を持つ人は近年増加傾向にあるようです。

調査によれば今では30〜40代の女性の4人に1人が持つと言われるほど
子宮筋腫は頻度の高い病気となりました。

 

この記事では子宮筋腫とは何か
そして、子宮筋腫を食事で改善する為のヒントをご紹介したいと思います。

 

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは子宮筋の中、あるいはその周辺に発生する良性な腫瘍の総称です。

子宮筋腫はエストロゲン依存性良性疾患であり、卵巣で分泌される女性ホルモンの影響を受けて筋腫が成長する為、女性の閉経後にエストロゲンの分泌が減ると子宮筋腫の多くは縮小すると言われています。

子宮筋腫の大半は良性疾患ながら、筋腫のサイズが大きくなったり筋腫が増えるといった進行度合いには個人差がみられ、場合によっては不妊の原因にもなり得るので軽視できません。

また初期段階では症状があらわれないことも多く、婦人科でガン検診を受けた際初めて見つかるというケースもあります。

自覚症状がない場合、受診も治療も行わずに過ごしてしましてしまいがちですが貧血、頻尿、便秘、強い月経痛、月経過多などの子宮筋腫の典型的な症状がみられる場合は検診を受けて現状を把握しておくと安心できるでしょう。

 

子宮筋腫のタイプとは?

漿膜下筋腫(子宮の外側にできる)

漿膜下筋腫は典型的なものは子宮の外側寄りに発生します。

このタイプの筋腫は外向きに成長を続けてサイズが大きくなるので周囲の器官に圧力がかかります。

したがって重度の月経出血を起こしたり通常の月経における子宮からの血液の流出を妨げることはこの筋腫の症状には含まれません。

代わりに腰痛(骨盤痛)や圧迫感を引き起こします。

子宮筋腫の重症度や位置に応じて合併症を伴う場合があります。

 

筋層内筋腫(子宮壁の筋肉の中にできる)

筋層内筋腫は典型的なものは子宮壁内に発生しそこから大きくなるタイプであり最も一般的なこの子宮筋腫です。

これらの子宮筋腫が大きくなると月経で出血量が多量になったり
月経周期が長引いたり、血の塊が出たり、腰痛(骨盤痛)を引き起こす可能性があります。

また、筋腫が膀胱や骨盤内の臓器を圧迫することがあり、
頻尿などの排尿障害や下腹部の張りを引き起こす可能性があります。

 

 

粘膜下筋腫(子宮腔内にできる)

比較的発症率の低い子宮筋腫はこの粘膜下筋腫です。

子宮内膜の直下にできた筋腫が子宮の内側(内腔)に向かって大きくなるタイプのものです。

子宮内腔近くに発生するこの筋腫は子宮内腔を広げ、場合によっては卵管の入り口を塞いで妊娠に影響を及ぼすことがあります。

粘膜下筋腫のうち茎ができてその先にぶらさがったこぶ状のものは有茎粘膜下筋腫と呼ばれます。

症状が全く引き起こさないことあもあれば、ひどい月経痛や過多月経など重篤な症状が現れることもあります。

以上の他に子宮頸部の位置にできる子宮頸部筋腫と呼ばれる稀な筋腫もあります。

また子宮筋腫は多発性である場合が多く、上記のような事なるタイプの筋腫が混在することがあります。

 

子宮筋腫と食生活

子宮筋腫を回避するための確実な方法はまだ解明されていませんが女性ホルモン、特にエストロゲンの影響で子宮筋腫が大きくなることが分かっています。

 

子宮筋腫の現在の大きさを現状維持または小さくしたい場合、ホルモンバランスを整えることは大きなステップとなります。

中でも食事内容は体内のホルモンレベルに強い影響を与えます。

子宮筋腫の改善を目指す最良の結果を得るためには、普段の食事からこららの食品を制限してみてください。

 

子宮筋腫を持つ人が避けるべき食品

高脂肪の加工肉

市販の赤身の加工肉のほとんどには、ホルモン剤の添加、特にエストロゲン濃度が高いことがわかっています。

高脂肪の乳製品

従来の乳製品は高レベルのステロイドホルモン、および炎症の促進に関わるその他の化学物質を含みます。

塩分の高い食品

塩分の高い食品は、有害物質の解毒・分解し適正なホルモン濃度が体内で維持されるように働いている肝臓に負荷をかけます。

精製された炭水化物

パスタ、白パン、白米、ケーキ、クッキーなどの精製された炭水化物は、エストロゲンレベルを変化させ、子宮筋腫の大きさを増加させることがわかっています。

また、精製された砂糖も多く摂ると炎症や体重増加が起こりますが体重増加とホルモンバランスの崩れには関連性が見られます。

過剰なカフェインやアルコール

カフェインを摂りすぎると肝臓にストレスが加わり臓器の働きが妨げられます。
アルコールの摂取も免疫機能の低下につながります。

アルコールを控えたり排除することはホルモンの健康的なバランスを促進するのに役立つでしょう。

 

子宮筋腫を持つ人が摂るべき食品

 

  • 有機食品(オーガニック食品全般)
  • 緑の葉野菜
  • ベータカロチンの豊富な食品
  • 鉄分の多い食品
  • 亜麻仁
  • 全粒穀類

また、ホルモンバランスを整えて筋腫の管理や縮小に役立つ栄養補助食品としては
ビテックス(ハーブ)、魚油、ビタミンB群のサプリメントなどが注目されています。

 

まとめ

子宮筋腫には大きく分けて3つのタイプ

・子宮の外側にできる漿膜下筋腫

・子宮壁の筋肉の中にできる筋層内筋腫

・子宮腔内にできる粘膜下筋腫

があります。

 

子宮筋腫

多くが良性疾患ながら多発したり巨大化すること、重篤な症状があらわれることもある為軽視は危険です。

筋腫の発育には女性ホルモン、特にエストロゲンが関与しています。

 

子宮筋腫を持つ人が摂取を控えるべきもの

高脂肪の加工肉・乳製品、塩分の高い食品、精製された炭水化物・砂糖、カフェインやアルコールなどホルモンバランスの乱れにつながる食品です。

 

子宮筋腫の改善に効果的なもの

有機食品、緑の葉野菜、ベータカロチンや鉄分の豊富な食品、亜麻仁、全粒穀類などホルモンバランスを整える食品です。