オーガニックライフ

ワクチンの安全性違反について米国政府が敗訴!

2018年11月12日 アメリカの保健福祉省が敗訴したというニュースが報じられました。

内容としては、アメリカの保健福祉省DHHS(Department of Health and Human Services)は、ワクチンの安全性の義務違反に問われたというもの。

通常、ワクチン接種後の継続的なモニターをとり、改善に努めなくてはいけないもののそれを30年間も怠っていたというもの。

安全性の管理義務を怠ったまま、接種数を増やすことに重点を置いてたとして裁判が行われておりアメリカ政府が敗訴したということです。

詳細は下記に引用・転載いたします。

 
 
アメリカ保健福祉省(DHHS)、
 
ワクチン接種後の経過とモニタリングの記録を公式に残さずに
30年以上、ワクチン接種をし続けていたことが判明!
 
法廷で、ワクチンの安全性義務違反に問われ、敗訴
 

 

  ワクチン接種を、指導するアメリカ保健福祉省(DHHS)は、
  ワクチンの安全性と有効性を改善する責任があります。
 
 かれらが取り組んできた事業の内容は、正式な文書で記録され、公的機関に提出保管されることが法律で義務付けられています。この報告書は、2年ごとの提出が決まっています。ワクチン接種を受けた結果の継続的なモニタリングと改善の結果を2年ごとに報告書にして議会に提出する義務(ワクチン全国児童ワクチン傷害法(NVICA)の条項による)があるのです。
 しかし、今回、RFKJrチームが提訴した裁判で、DHHSは、なんと30年もの間、報告書を提出せず、ワクチンの安全性管理義務を放棄し続けたまま、ワクチン接種数を増やすことに重点を置いてきたことが判明しました。
インフォームドコンセント・アクション・ネットワーク(ICAN)の創始者であるDel Bigtreeが、ワクチン安全性違反に関して保健福祉省(DHHS)を相手に、Robert F. Kennedy Jr.とチームを組んだ裁判において、米国政府を相手に勝訴したことで、大きな反響を呼んでいます。

 

転載元:NaturalNews
Vaccines-Bottles-Chemical

RFK Jr. wins case against U.S. government for vaccine safety violations

 

ロバート F・ケネディJr(RFK Jr.)
ワクチンの安全性違反について米国政府に勝訴!

 

(記事の概要)
インフォームドコンセント・アクション・ネットワーク(ICAN)の創始者であるDel Bigtreeは、ワクチン安全性違反に関して保健福祉省(DHHS)を相手に、Robert F. Kennedy Jr.とチームを組んだ裁判において、米国政府を相手に勝訴しました。 これはワクチンの安全性について関わるすべての人々にとって大きなニュースです。 これにより、連邦政府機関は30年以上にわたりワクチンの安全義務を怠っていることが判明しました。 RFK Jr.が提起した訴訟は、いわゆる政府が唱えた「ワクチンは安全 “vaccine safety” 」と言う文句は、偽証以外の何物でもないエビデンスでした。

RFK Jr.とICAN、DHHSの証拠を押さえる

1986年の全国児童ワクチン傷害法(NVICA)の条項は、保健福祉省(DHHS)がワクチンの安全性と有効性を改善する責任を負うことを強制し、有害事象報告の継続的なモニタリングと改善を請求しています。これにより、より安全な小児ワクチン接種義務条項はまた、DHHSが2年ごとに議会にこれらの分野でなされた改善に関する報告書を提出しています。

RKF Jr.とICANは、DHHSはこの報告義務を果たしていないと思われるとし、情報開示法の申請を提出し、DHHSがこれまで2年ごとに提出していた報告書の記録を入手しました。 記録を入手するまでの8ヶ月間、DHHSは彼らの要求を拒み、情報の提供を拒否したため、結局、その訴訟が起こされたのでした。
 訴訟の結果、最終的かつ驚くべきことに、HHSは、ワクチンの安全性の改善を詳述する1年に1回の報告書を議会に提出することは決してなかったことを認めなければなりませんでした。HHSが現在まで29回分の実際の安全性プロファイル、および1歳までのワクチン接種の経過についての手がかりをまったく持っていなかった、という懸念を高めるものです。

ワクチンの安全性を調査、改善する責任を負っているにもかかわらず、DHHSは過去30年間に決められた報告書を提出していなかったことにより、 NVICAがワクチンの安全に向けて指導したことは決してありませんでした。特に、NVICAがワクチンの傷害に関する業界の責任を取り除くことが最重要課題です。
(中略)

引用元:http://blog.livedoor.jp/sagittariun/archives/13524288.html
 
 
 
転載元:NaturalNews
Vaccines-Bottles-Chemical
RFK Jr. wins case against U.S. government for vaccine safety violations

(Natural News) Del Bigtree, founder of Informed Consent Action Network (ICAN), teamed up with Robert F. Kennedy Jr. to take on the U.S. government by filing suit against the Department of Health and Human Services (DHHS) for vaccine safety violations — and they won. This is big news for all concerned with the topic of vaccine safety. It turns out the federal agency has been neglecting their vaccine safety obligations for over 30 years. The lawsuit brought by RFK Jr. is evidence that “vaccine safety” as we know it is nothing more than a sham.

Government agencies charged with protecting the public are not doing their part to ensure and improve the safety of immunizations, but will they be held accountable?

RFK Jr. and ICAN take on DHHS

As sources explain, a clause in the The National Childhood Vaccine Injury Act of 1986 (NVICA) compels DHHS to take responsibility for improving vaccine safety and efficacy, and charges the agency with constant monitoring and improving of adverse event reporting. The Mandate for Safer Childhood Vaccines clause also tasks DHHS with providing a report on improvements made in these areas to Congress every two years.

RKF Jr. and ICAN reportedly suspected that DHHS was failing to meet this responsibility, and filed a Freedom of Informtation Act request to obtain the records of these biennial reports. For eight months, DHHS tried to blockade their request and refused to provide information. Ultimately, a lawsuit had to be filed.

As a document from ICAN reads:

ICAN was therefore forced to file a lawsuit to force HHS to either provide copies of its biennial vaccine safety reports to Congress or admit it never filed these reports. The result of the lawsuit is that HHS had to finally and shockingly admit that it never, not even once, submitted a single biennial report to Congress detailing the improvements in vaccine safety. This speaks volumes to the seriousness by which vaccine safety is treated at HHS and heightens the concern that HHS doesn’t have a clue as to the actual safety profile of the now 29 doses, and growing, of vaccines given by one year of age.

Despite being charged with the responsibility of investigating and improving vaccine safety DHHS has apparently failed to meet even the most basic aspects of this duty by failing to file a single report for the past thirty years. Three decades have passed since NVICA was put into place, and DHHS has never so much as raised a finger towards vaccine safety — an issue which should be a top priority, especially given the fact that NVICA erases industry responsibility regarding vaccine injuries.

So not only is the government granting Big Pharma carte blanche on the matter of vaccine injury, yet another agency charged with protecting the public from vaccines has completely dropped the ball.

ICAN reports further that DHHS hasn’t eschewed their vaccine responsibilities entirely: The organization has reportedly taken their obligation to promote vaccine uptake very seriously, spending billions and conducting regular reports on how to increase vaccination rates.

As ICAN states further:

Regrettably, HHS has chosen to focus on its obligation to increase vaccine uptake and defend against any claim vaccines cause harm in the National Injury Vaccine Compensation Program (aka, the Vaccine Court) to such a degree that it has abandoned its vaccine safety responsibilities. If HHS is not, as confirmed in Court this week, even fulfilling the simple task of filing a biennial report on vaccine safety improvements, there is little hope that HHS is actually tackling the much harder job of actually improving vaccine safety.

Will the DHHS finally be held accountable for their failure, or will the vaccine industry continue to spread its toxic injections without fear of government scrutiny? See more coverage of the atrocities behind inoculations at Vaccines.news.

Sources for this article include:

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www.aimintegrativemedicine.com/aim-integrative-medicine-blog/why-kennedy-sued-the-government-over-vaccine-safety-won"] [pz-linkcard-auto-replace url="https://www.texansforvaccinechoice.com/online/ican-rfk-jr-call-out-dhhs-for-vaccine-safety-violations/"]

ICANDecide.org [PDF]

(以上転載はここまで)

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www.naturalnews.com/2018-11-11-rfk-jr-wins-case-us-government-vaccine-safety-violations.html"]

 

ワクチン、予防接種に関しては賛否両論ありますが、ビジネスが目的になっており安全性とリスクが軽視されているというのが反対派の意見ですね。

こういう事件があると、なおさら安全性については疑問が生じてしまいますね。